平野区 喜連瓜破で歯の治療においてお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

歯周病治療

歯周病治療について

歯周病

歯を失う多くの原因は歯周病です

日本の成人の約80%が患っていると言われている歯周病。
実はとても怖い病気だということをご存知ですか?
歯周病はむし歯などと異なり、痛みなどの自覚症状がほとんどなく進行することから「サイレント・ディジーズ(静かなる病気)」とも呼ばれ、進行を放置してしまうとやがて歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、最終的には支えを失った歯が抜け落ちてしまいます。
また、歯周病はお口の中だけではなく、糖尿病や心臓病などの全身疾患や、早産・低体重児との関連性が報告されています。

歯周病チェック!
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • 歯を磨いた時に血が出る。
  • 口臭が気になる。
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする。
  • 歯がグラグラする。浮いているような気がする。
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る。

一つでも当てはまる方は、ぜひ一度検診にご来院ください!

歯周病と全身との関わり

歯周病は、歯とお口の健康だけではなく、全身の健康と深く関わっていることが分かっています。自覚症状の乏しい病気ですので、定期的にチェックを受け、常に良い状態を保つようにしましょう。

歯周病菌が全身へ
歯周病と心疾患

歯周病の人は健康な人に比べ、心疾患のリスクが約2.8倍と報告されています。
歯周組織を破壊して体内に入り込んだ歯周病菌は、血流に乗って心臓まで到達し、血管や心臓の弁などに付着して疾患を誘発するといわれています。

歯周病と糖尿病

歯周病の人は健康な人に比べ、糖尿病になるリスクが2倍以上と報告されています。
歯周病菌の毒素や、作り出される炎症性物質が、血糖値をコントロールするインスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させるのです。

歯周病と出産

歯周病のある妊婦は健康な妊婦に比べ、早産のリスクが7.5倍と報告されています。
体内に侵入した歯周病菌は、羊水に入って胎児の成長を妨げたり、子宮収縮に関係した物質の濃度をあげて陣痛を誘発したりするのではないかと説明されています。

歯周病の進行と分類

歯周病の検査
歯周病の基本的な検査
  1. プローブという器具を歯と歯ぐきの間に挿入して、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを計測します。
    歯周ポケットの深さで歯周病の進行度合いを確認します。
  2. 歯周ポケットからの出血がないか確認します。
    出血があるということは歯ぐきに炎症がある証拠です。
  3. 歯の動揺度(歯がぐらぐらしているか)を確認します。
    歯ぐきの炎症が進むと歯槽骨が溶けて失われていきます。
歯周病の進行と分類
歯肉炎

歯ぐきにのみ炎症があり、出血しやすい状態です。
歯槽骨にはまだ症状はありません。この段階で治療すると、もとどおりの健康な歯ぐきに完治することができます。

軽度歯周炎

歯槽骨が溶けはじめることにより、歯ぐきが下がりはじめます。
歯ぐきの溝も深くなり、歯周ポケットは3〜4ミリ程度まで広がります。歯垢(プラーク)が入り込みやすくなります。

中等度歯周炎

歯槽骨がさらに溶け、歯周ポケットは4~6ミリに。
歯ぐきが痛んだり、膿が出たりすることがあります。口臭も感じられるようになります。
歯の間に隙間ができ、歯並びが悪くなることもあります。

重度歯周炎

歯槽骨がかなり溶けてしまい、歯がグラグラになり硬いものが噛みにくくなります。
歯根も露出し、ここまで進行すると抜歯の可能性が高くなります。

歯周病治療「歯周基本治療」

歯周病治療は、ブラッシング指導と歯石除去を中心に行います。

歯石除去
歯肉縁上の歯石除去(スケーリング)

歯と歯肉(歯茎)の境目より上を「歯肉縁上」と言います。
歯肉縁上の歯石は歯肉の境目に沿って付着しているため、スケーラーを用いて比較的簡単に除去することが出来ます。

歯肉縁下の歯石除去(スケーリング+ルートプレーニング)

ルートプレーニングとは「歯の根の表面を滑らかにする」ことで、歯周病のために軟化したセメント質を取り除いて、歯根の表面を硬く滑らかに仕上げる処置のことです。
歯石を除去するだけでは歯の表面がデコボコしてプラークが付着しやすい状態になっていますので、ルートプレーニングで綺麗に仕上げることは非常に重要です。

位相差顕微鏡

歯周病治療「歯周内科」

当院では、薬で歯周病の治療を行う歯周内科治療も行っています。

位相差顕微鏡検査

顕微鏡検査で歯周病菌を観察することができます。
お口の中の汚れをほんの少し摂取し、顕微鏡で観察します。顕微鏡を見ることで、今現在の菌の状態を確認することができ歯周病の状態をある程度判断することができます。
さらに顕微鏡像をモニターに映し出し録画することで、治療効果をよりわかりやすく説明することができ、患者様のモチベーションアップに役立てることができます。

リアルタイムPCR検査(歯周病菌のDNA検査)

当院では、歯周病における最先端検査であるリアルタイム法による歯周病菌のDNA検査を導入しております。
位相差顕微鏡では判別できない歯周病菌の数を最大6種類調べることができます。

検査は歯周ポケット(歯ぐきの隙間)にある歯垢(プラーク)を採取して、その中にいる歯周病菌のDNAを調べますので痛みはほとんどありません。

盲目的に治療を行う従来の歯周病治療とは違い、しっかりと科学的な数値と根拠を出し、どの菌がどれだけ存在しているのかを検査したうえで治療方法を定めて治療を行っていきます。

リアルタイムPCR検査
バクテリアセラピー
バクテリアセラピー
口内菌管理

口腔内の「菌質改善」により、歯周病、感染症の発症予防を図る最新のスウェーデン式バクテリアセラピーです。
天然のプロバイオティクス(L.ロイテリ)を摂取して口腔内常在菌のバランスを健常化することを目指す最新の棒医学理論です。乳酸菌の一種なので、健常者はもちろん、幼児、妊婦、高齢者にも安心して推奨できるセラピーです。

高齢者にも有効な口腔内細菌の管理

口腔内細菌の管理は、高齢者医療においても重要です。誤嚥性肺炎、下痢、便秘といった高齢者に多く、また介護現場を困らせる疾患も、口腔内細菌を健常に管理することで予防・改善できることが分かっています。
色々な病気の予防を考えるなら、まずはお口の中の「菌質」を改善することから始めましょう。

歯周内科治療は、まだ保険治療として認められていません。
現在この治療は自費治療となります。

歯周病治療「歯周外科」

当院では、薬で歯周病の治療を行う歯周内科治療も行っています。
患者様のお口の状態により、選択肢のひとつとして考えられる場合はご提案していますので、詳しくはお気軽にご相談ください。

フラップ手術

フラップ手術とは、歯科衛生士によるスケーリング・ルートプレーニングでは取りきれない、深い歯周ポケットの奥に隠れた歯石を徹底的に取り除くために行なう治療です。
歯肉を切開して部分的に開き、肉眼で確認しながら残っている歯石や炎症を起こしている組織を取り除いていきます。
手術をすることによって歯周ポケットはなくなり、歯を支えている骨や歯肉が健康な状態に改善していきます。

再生治療

再生療法には様々な方法があります。
歯の周りにメンブレン(膜)を置き歯肉が入り込むのを阻止して、歯槽骨や歯根膜の回復をさせるGTR法、歯周組織の再生を促す薬剤を塗布する方法などがあり、時としてこれらの方法を組み合わせます。

再生治療の一部は、まだ保険治療として認められていません。
現在一部の治療は自費治療となります。
城彩会歯科ガーデンクリニック
〒547-0025 大阪市平野区瓜破西2-2-22
診療科目:審美歯科・口腔外科(インプラント)・歯列矯正・一般歯科
受付時間:午前9:00〜11:45 / 午後13:15〜18:30
__診:水曜日・日曜日・祝祭日
06-6703-6