平野区 喜連瓜破で歯の治療においてお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

予防歯科

定期健診、メインテナンスの重要性

データで見る定期検診の効果

データで見る定期検診の効果

定期健診の受診率が欧米諸国のなかでも特に高いスウェーデンと受診率の低い日本とでは、高齢者の残存歯になんと12本もの差があります。この差が生まれた理由は生活環境や文化・風習など様々ですが、予防歯科として定期健診が重要であることはデータから見ても間違いありません。
また、治療だけを受けた人と予防歯科として定期健診を受けた人とでは残存歯の数に大きな差が出ています。
一生涯にわたって健康な歯を保つためには、やはり定期健診・定期的なクリーニングを受け、汚れを溜めず、お口の中の環境を良い状態に保つことが大切です。
美味しいものを美味しくいただく、会話を思いっきり楽しむ、当たり前のことを当たり前にするためには、これからのあなたの行動にかかっています。

定期的な検診・PMTCが必要な理由

治療後の状態を長期維持していくために、虫歯や歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑制し、悪影響を及ぼさないよういつもコントロールすることが重要です。

3ヶ月毎の定期検診をおすすめする理由
しっかり歯を磨いても20%程度は歯垢が残る

日々のブラッシングやデンタルフロスでは、専門家である歯科医師であっても歯垢(プラーク)を100%落とすのは不可能です。 とても上手く磨ける人でも歯ブラシで60%、さらにデンタルフロスの使用して80%程度までしか歯垢を落とすことができません。 歯並びや歯磨きの癖で磨き残しは同じような場所に起こるので、そのまま長期間がすぎると虫歯や歯周病が起こります。

歯石は歯ブラシでは取れない

歯垢(プラーク)に、唾液中のカルシウムやリン酸が沈着して石灰化したものが歯石です。
歯の表面に歯石ができると、凸凹やザラツキのために磨き残しや歯垢・歯石がさらに付きやすくなります。歯と歯ぐきの境い目や歯と歯の間にできた、歯石は石のように硬く、歯磨きだけでは取り除くことができません。
また、歯周ポケット(歯と歯肉の溝状の隙間)に入り込んだ歯石の除去は歯周病の治療上大変重要です。

ご自分で行うブラッシングだけでは、どうしても清掃できない部分を清掃し、歯石ができる前に私たち専門家が定期的にケアをしていくことが大切です。

専門家による機械を使った歯の清掃[PMTC]

PMTCとは

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、ひと言でいえば専門家による歯のクリーニングのことです。PMTC専門のトレーニングを受けた歯科衛生士が、歯の表面についた歯垢(細菌の塊)や沈着物を特殊な医療器機を使って完全に取り去った後、 歯垢(細菌の塊)の再付着を防ぎ歯の質を強くするためにフッ素を塗布することをいいます。 PMTCは、むし歯・歯周病の予防管理を目的として北欧でシステム化され,現在多くの国で行われています。
自分で正しいホームケアを行い、 定期的にPMTCを受ける事でムシ歯の再発及び歯周病の進行を防ぐことができます。

PMTCによって得られる効果

歯周疾患の改善及び進行防止

ご自身では、磨きにくい部位の歯垢(細菌の塊)を完全に除去し,歯肉の状態を健康にする。

むし歯予防

ブラッシングだけでは落とすことの出来ない歯垢(細菌の塊)を破壊し,フッ素塗布で歯垢(細菌の塊)の再付着を防ぎムシ歯の発生や進行をおさえる事が出来ます。

歯質の強化

歯垢(細菌の塊)を取りきった歯の表面に直接フッ化物入りペーストを用いることで歯の再石灰化(歯を強くする)を促進することができます。

審美性の向上

ステイン(タバコのヤニ、コーヒー、お茶などの着色)を除去し、光沢のある歯の表面を回復することができます。

最適なデンタルケア製品をお選び致します

デンタルケア製品

城彩会歯科ガーデンクリニックではご自宅で使用する各種デンタルケア製品をご提供しています。
歯ブラシ、歯間ブラシはもちろんのこと、フッ化物洗口、バイオガイアなど予防歯科の観点から歯科医師・歯科衛生士が患者様に最適なデンタルケア製品をおすすめ致します、お気軽にスタッフにご相談ください。
使い方から製品の効果まで丁寧にご説明いたします。

定期検診で確実な診断をするために

レーザ光を使用したむし歯の診断装置「ダイアグノデント」

ダイアグノデント

「ダイアグノデント」とは、レーザー光を利用したむし歯診断装置で、歯に照射したレーザー光線の反射を解析し、むし歯の進行度合いを数値化します。
外側から目視しただけでは分からないむし歯でも、高い確率で歯質の変化をとらえることができるため、むし歯の進行度合、治療が必要かどうかも判定できます。

ベルン大学(スイス)がおこなった調査では、歯科医師が歯の溝の小さな虫歯を正しく診断できたのは、肉眼での診査では全体のわずか57%、レントゲン写真を用いた診査でも65%でした。
ダイアグノデントを使用した場合は、90%に改善されたとのことです。

さらに唾液検査、リアルタイムPCRをもちいて菌の管理をしています。

薬でむし歯を予防する3DS法

3DS(Dental Drug Delivery System)とは

むし歯や歯周病の予防効果を高めるためにおこなう予防歯科治療です。
専用のマウスピースに薬剤を注入して装着することで、むし歯菌や歯周病菌に直接作用させて除菌し、悪化させる要因である歯垢の定着を集中的に抑える治療です。

3DSで使用するマウスピースは、正式名称をドラッグ・リテーナーといい、歯にピッタリとフィットする形状で、より唾液の影響を受けることなく、しっかりと虫歯菌を除去できるのです。

3DS法は、まだ保険治療として認められていません。
現在この治療は自費治療となります。
城彩会歯科ガーデンクリニック
〒547-0025 大阪市平野区瓜破西2-2-22
診療科目:審美歯科・口腔外科(インプラント)・歯列矯正・一般歯科
受付時間:午前9:00〜11:45 / 午後13:15〜18:30
__診:水曜日・日曜日・祝祭日
06-6703-6